忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/21 11:28 】 |
pagetop
円錐角膜とは


円錐角膜
という言葉を聞いて、説明ができる人は滅多にいないように思われます。
もちろん、医学部の学生である場合には、円錐角膜について知っている人もいるでしょう。

また、自分や身近な人が、円錐角膜だという場合も知識があるかもしれません。

漢字から、目に関することなのだろうという推測をする事は考えられます。
その名前のとおり、円錐角膜は角膜に起きる疾患のことをいいます。

円錐角膜は、目の角膜という部分が薄くなって異常をきたします
どのような異常が見られるかというと、円錐角膜の人の目を横から見ると、極端に言うと三角形に突起しているように見えるかもしれません。
人間の眼球は他の部位と同じように個体差があり、角膜の薄さやカーブにも違いがありますが、角膜が異常に薄くなってしまった場合を、円錐角膜と言います。実際に、円錐角膜になると眼球の形が変化するだけではありません。

例えば、視界が変形したり、光を眩しいと感じるというのが、円錐角膜患者の自覚症状になります。

もちろん、光は誰でも眩しく感じますが、異常に眩しさを感じるようになったら、円錐角膜の疑いがあるかもしれません。

幼少期よりも、比較的成長してから円錐角膜は発症する病気でもあります。その為、目の異常に自分で気付き、円錐角膜と診断されることが多いようです。

因みに、円錐角膜は思春期に発症することが多いといわれています。
インターネットを利用していたり、テレビを見ていたり、子供の頃から目を酷使している事が多いので、目の異常を訴えても、円錐角膜だろうと思う人は少ないでしょう。

学校生活の健康診断で、視力の検査や目の検査がありますが、そこで円錐角膜が発見される可能性もあります。

円錐角膜にどのような症状があるのか、知りたいという人は、医学書インターネットのサイトなどで調べてみると良いでしょう。

昔は、家庭に一冊医学辞書があるうちも多かったように思いますが、今ではネットを使える環境にあれば。円錐角膜について知る事ができます。
治療方法や、近くの病院の情報、名医と言われている医者を探すことだってできるでしょう。

また、インターネットの質問サイトで、円錐角膜についての質問をすると医師が答えてくれるというサイトもあるようです。

自分の子供が円錐角膜かもしれないと思った際には、質問をしてみると良いかもしれません。
近頃では、ブログで円錐角膜についての体験記を書いている人もいるようです。

実際に患者となってからの日々がつづられているので、参考になるのではないでしょうか。

PR
【2008/05/22 10:58 】 | 未選択| comment(0)| trackback(0)
pagetop
円錐角膜の発見とその歴史とは

 

円錐角膜は目の角膜という部分が少しずつ薄くなっていくという病気です。角膜の薄くなっていくスピードについては、患者さんによって個人差が
あるようです。

人によって進行が緩やかであったり、急性であったりするという特徴を持っています。
角膜が薄くなることによって、眩しさを感じたり、視界が歪んで、日常生活に支障を来たすようになるので、円錐角膜は治療が必要になります。

円錐角膜が発見されたのは、かなり古く、1700年代中半のドイツだといわれています。
その後、100年ほど経て、イギリスでも円錐角膜について書いている論文が存在するそうです。

古い時代は、目の形が円錐形であることから、円錐角膜の発見が行われていたとか。
しかし、1859年には眼を特別に検査する機械を用いて、円錐角膜の検査が行われました。


また、現在の円錐角膜という名前が確定されるようになったのは、スイスの眼科医が論文のタイトルとして「円錐角膜」という言葉を利用した事が始まりのようです。

この論文は1869年に書かれたということが分かっているので、その頃から円錐角膜という名称が使われ始めるようになったということです。
コンタクトレンズが発明されるまでは、治療は角膜を薬液で焼く手術方法が用いられていました。

近年になって、コンタクトレンズが開発されるようになると、円錐角膜の視力矯正方法として、コンタクトレンズも使用されるようになりました。
視力矯正法という治療法以外にも、角膜移植や、手術など、研究は盛んにおこなわれて来ました。

長い期間をかけて蓄積された研究結果が、現代の円錐角膜の治療に役立っているのだと考えられるでしょう。

しかし、未だもって円錐角膜の発症原因が特定できていないという点が、残念な点でもあります。
現在も、円錐角膜が発症するメカニズムについての研究が行われているといわれています。

円錐角膜と診断され、興味があるという人は、病理学の本などを読む前に、ネットで調べてみる事をお勧めします。
インターネットを利用すると、いつでも円錐角膜について調べる事ができます。その内容も、円錐角膜の症状や、治療方法から、歴史など、さまざまです。

円錐角膜の患者さんが作っているホームページでは、体験談が掲載されている事が多いので、参考に読んでみると良いでしょう。

どのような病気でも、病気と診断されると不安がつきもので、円錐角膜と診断された人が不安を感じることも考えられます。
そのような場合には、ネットで円錐角膜の正しい知識を得ることも不安解消の役に立つかもしれません。

【2008/05/22 10:55 】 | 未選択| comment(0)| trackback(0)
pagetop
円錐角膜の特徴

 

円錐角膜は特別な病気ではありません。
発症率は、1000人に1人だといわれているので、円錐角膜は比較的なる人が多い病気でもあるでしょう。

例えば、両親が円錐角膜の場合、子供に遺伝するかどうか、ということは分かっていません。
また、目を酷使したからと円錐角膜になる、というような特定の原因が判明していない病気でもあります。

円錐角膜に気付くのは、目の異常を自覚することが始まりでしょう。
例えば、視界がゆがんで見えるようになって、眼科医を受診した所、円錐角膜だと診断される人も多いのではないでしょうか。


特徴的な症状としては、光を極度に眩しいと感じるようになるということも、円錐角膜患者の特徴になります。
また、円錐角膜が進行すると目の形が変化してくる事もあります。
どのように変化するかは、患者によって違いますが、横から眼球を見ると通常はなだらかなカーブを描いているのが、急なカーブになっている点が円錐角膜の特徴です。

実際に円錐角膜の人の自覚症状は、乱視の症状が初期の段階で見られます。円錐角膜は進行していく病気なので、乱視が段々と酷くなると、眼鏡やコンタクトレンズで矯正が必要になります。


進行度合いは、患者によって違うので、一概に示すことができません。多くの患者は、10代や20代で円錐角膜だと診断されますが、レアなケースとして幼児期に円錐角膜と診断される事もあります。

幼児の場合には、自覚症状を訴える事が殆ど無いため、目の形によって円錐角膜の疑いがある場合に、検査を行って診断が下される事が多いようです。

子供が光を眩しがるようになったり、目が見えにくくなったというような事を口にするようになったら、円錐角膜を疑う必要があるかもしれません。

円錐角膜の情報は、病院を受診する前にインターネットなどで調べることができます。ネットで円錐角膜という病気について調べる事で、医師の診断や説明も理解しやすくなるのではないでしょうか。


また、治療方法なども、医療機関を受診した際に、知っていると役に立つ場合がります。
病院を受診すると、医師が説明をしてくれますが、円錐角膜についての説明でも、予めある程度の知識があることで理解しやすくなります。

インターネットでは、円錐角膜の体験談を書いている人も居るので、参考にしてみるというのも良いかもしれません。

その他にも、円錐角膜の患者さんが作っているホームページで、患者同士のコミュニケーションを取れる場所が用意されていることもあるようです。

【2008/05/22 10:53 】 | 未選択| comment(0)| trackback(0)
pagetop
円錐角膜の発症

 

円錐角膜は目の病気としては、珍しい病気ではないようです。
発症率も1000分の1程度であるということが、円錐角膜の研究によって分かっています。

人種によって、円錐角膜の発症しやすい人種というのはなく、どの人種も等しく円錐角膜を発症する可能性があります。
円錐角膜に関する研究は、長年行われていて、治療法も色々と考えだされている病気です。

しかし、どのようにして発症するのかというのが分からない点が、難点でもあります。
発症理由が判明すれば、円錐角膜を予防することができるかもしれません。

今の段階では、円錐角膜を予防することは難しいといわざるを得ません。
様々なデータや研究を元にしていますが、遺伝による円錐角膜の発症についても明確な事は分かっていないようです。

円錐角膜の発症は、自覚症状を訴える事によって気付くというのが殆どだといわれています。
中高生の頃に発症することが多いので、学校の視力検査で円錐角膜の疑いを指摘される事もあるようです。

学校で行われる健康診断では、詳しい検査まではしないので、円錐角膜のある場合には、眼科医の受診が必要となります。

他にも、最近になって、急に光がまぶしく感じるようになったと訴える場合にも、円錐角膜の疑いがあります。
中学生や高校生の思春期には、親との関係がギクシャクしたりしがちで、親と全く会話をしないため、円錐角膜の症状に気付かない事もあるかもしれません。

但し、目が見えにくくなるなどという症状があれば、不便を感じて、訴える事になるでしょうから、病院を受診したところ、円錐角膜と診断される子供もいるでしょう。

円錐角膜の発症とその後の経過は、人によって様々なので、急に悪くなる場合もあれば、症状が緩やかに進む患者さんもいるようです。
眼科医では、視力検査や円錐角膜に特徴的な角膜の厚さを測ったりすることで、円錐角膜かどうか診断を行います。

円錐角膜の発症に気付かないで、放置しておくと、治療に時間がかかったり、重篤な状態になるケースもあるようです。
インターネットでは円錐角膜の症状について書かれているサイトなどがあるので、一度見て見ると良いでしょう。


チェックシート方式になっており、当てはまるものをチェックしていくと、円錐角膜の疑い率が分かるようになっているサイトもあるかもしれません。
円錐角膜の患者さんのホームページブログなどを読むと、発症当時の様子が書かれている事もあるので、参考になるのではないでしょうか。

【2008/05/22 10:50 】 | 未選択| comment(0)| trackback(0)
pagetop
円錐角膜の発症しやすい人とは


円錐角膜は、目に異常が表れる病気の一種です。
目の角膜という部分が変異して、角膜が薄くなることを円錐角膜と呼びます。

円錐角膜の患者さんの目を横から見ると、その形が三角形に見えるところから、円錐角膜という名前になったといわれています。
目の変形によって、円錐角膜に気付く人もいるようですが、その他の発見方法もあります。

例えば、急に眩しさを訴えるようになったりした場合には、円錐角膜を疑っても良いかもしれません。
また、目が見えにくくなるという症状は、円錐角膜だけでなく、他の目の病気でもよくあることなので、余り参考にはならないでしょう。

円錐角膜は、発症しやすい人というのが特定されていません。
例えば、人種的に見て、円錐角膜を発症しやすい人種がいるという事は報告されていません。

また、男女比による、円錐角膜の発症しやすさも判っていないのです。
目の病気でも、視力低下が遺伝することはわかっているようですが、円錐角膜は遺伝による可能性も裏づけられていません。


親や兄弟が円錐角膜だからと言って、確率が高まるわけではないので、心配する必要はないでしょう。
また、目を酷使するということや、目を擦るなど、という特定の行為が円錐角膜の原因になるとも考えられていないようです。

つまりは、誰でも円錐角膜を発症する可能性はあるということです
円錐角膜の研究の中では、思春期に発症しやすい病気であることで、30歳頃までに円錐角膜の診断がされるということが分かっています。
しかし、中には幼少期に円錐角膜と診断される希なケースもあるようです。

発症原因が特定できていないという事で、予防も難しいのが特徴でもあります。
治療法においては、さまざまな円錐角膜の治療法が確立されてきているのですが、今後は予防に役立つ研究が必要になるのではないでしょうか。

発症する理由が分かると、円錐角膜を未然に防ぐ事ができるかもしれないからです。

円錐角膜について詳しい事が知りたいという人は、インターネットで調べてみると色々な事が載っています。
病気の症状や、特徴などはもちろん、円錐角膜の患者さんの写真などが掲載されているサイトもありますので参考にしてみてはいかがでしょうか。
他にも、円錐角膜の患者さんがどのような治療をしているのか、ブログを公開している人も居るようです。

自分や自分の身近な人が、円錐角膜と診断されて不安を感じた時には、ブログを読んだり、ネットで知識を深めたりすることで、不安解消に役立つかもしれません。

【2008/05/22 10:48 】 | 未選択| comment(0)| trackback(0)
pagetop
| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]