忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/21 11:29 】 |
pagetop
円錐角膜の治療方法

 
円錐角膜は思春期に発症しやすい、角膜の病気です。
発症してから、暫く気付かない人もいるようで、20~30歳になって、円錐角膜と診断をされる人もいるようです。

病気の解明は、発症原因を探る事で予防が可能になりますが、円錐角膜は何故発症するのか、まだはっきりしていません

色々な説があり、円錐角膜の研究がされているといわれています。
しかし、円錐角膜は珍しい病気ではなく、治療法も確立されています。

円錐角膜の治療方法には、幾つかの方法があります。

例えば、眼鏡は円錐角膜の初期段階で使用される治療方法の一つです


しかし、少しずつ円錐角膜の進行が進んでくると、眼鏡では矯正が難しくなるため、コンタクトレンズを使用することになるのが一般的なようです。

コンタクトレンズは、直接眼球に付けるものなので、円錐角膜の診断を受けた後、眼科医の指導の下、目のカーブにあうレンズを作る必要性があります。通常のハードコンタクトレンズで、円錐角膜の矯正を行うのが普通ですが、円錐角膜専用のコンタクトレンズを使用する事も考えられます。

例えば、円錐角膜が酷くなった場合や、重症の人には、強膜レンズという物を使用する事があるようです。
眼鏡やコンタクトレンズによる矯正という方法以外にも、円錐角膜の治療法はあります。

手術を受けて、円錐角膜を治療する人もいるでしょう。
円錐角膜の手術方法は、角膜移植放射状角膜切開術角膜内リング挿入法などがあります。

どの手術方法を用いて、円錐角膜の治療を行うかという判断は、医師の判断目の状態など総合的に判断されることでしょう。
角膜移植による円錐角膜手術はドナーと呼ばれる提供者が必要になるので、ドナーが居なければ手術を行うことはできません。

最近では、ドナーカードが少しずつ普及してきているので、ドナーの数も増えて、円錐角膜の角膜手術を受ける人も、昔に比べれば増えていると想定されています。

円錐角膜は特別な病気ではありませんが、治療が必要になります。
どのようにして治療を行えば良いのか、専門家に見てもらわなくてはならないので、円錐角膜の疑いがある場合には、眼科医を受診するようにしましょう。

インターネットでは、名医の検索をすることができるようになっているといわれているので、円錐角膜の名医を探してみると良いかもしれません。
円錐角膜に特化しなくても、眼科で有名な病院が近所にあるか、ネットを使うと簡単に調べる事ができます。

PR
【2008/05/22 10:36 】 | 未選択| comment(0)| trackback(0)
pagetop
<<診断方法 | HOME | 円錐角膜と角膜移植の可能性>>
コメント
pagetop
コメント投稿














pagetop
trackback
トラックバックURL

pagetop
FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]