忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/21 11:29 】 |
pagetop
診断方法


円錐角膜は、角膜異常の一種です。
目の病気は、色々ありますが、円錐角膜は発症率が高く、珍しい病気ではありません。

その為、円錐角膜の治療方法もいろいろと確立されています。
しかしながら、円錐角膜はまだ不明な点が多いのも特徴で、研究段階にある病気でもあります。

医療技術が発達したからと言って、全ての病気が判明するわけではありまえせんが、少しずつ解明されていく部分が増えていくでしょう。

円錐角膜が何故発症するのか、どのような経過を辿るのか、ということについては、研究段階にあるようです。

円錐角膜の診断は、眼科医によって行われます。
視力が落ちたので、視力矯正をしようと思って眼科を訪れたところ、円錐角膜だといわれることもあるかもしれません。

これは、円錐角膜の症状で視界がゆがんで見えるという症状を、一般人であるの私たちは、視力の低下と思ってしまうからではないでしょうか。
眼科においては、問診をおこなって、円錐角膜に特徴的な症状があるかどうか、調べます。


その後、視力検査が行われますが、これは円錐角膜に限ったことではなく、眼科医で一般的に行われているものと考えて良いでしょう。

次に、角膜の厚さを測る機械を用いて検査を行い、円錐角膜の疑いがあると発見されることが多いようです。

その段階で、円錐角膜を疑われた場合には、円錐角膜と仮定したさまざまな検査を行うことになります。

眼科医の検査においては、機械を用いて行うのが主流になってきているので、円錐角膜の診断の際にも、色々な機械の使用が予測されます。
円錐角膜と診断された場合には、角膜のカーブの値や、円錐の形の状態角膜の厚さによって、重症かどうか判断されます。

因みに、円錐角膜の角膜の形には、乳頭状楕円状球状というのがあるそうです。

円錐角膜について知りたいという場合には、インターネットを利用してみてはどうでしょうか。
ネット環境さえ整っているのであれば、どこにいても、いつでも円錐角膜について調べる事ができます。

また、医師の書いた円錐角膜に関する論文などを読む事もできるでしょう。最近では眼科医がホームページを開設していて、その中で円錐角膜について説明しているページもあるかもしれません。

他にも、病気専門の質問サイトなどもあるので、円錐角膜についての質問をしてみるという利用方法も考えられます。

インターネットは、円錐角膜の情報収集以外にも、近くの病院を探すのにも役立ちますので、是非使ってみて下さい。

PR
【2008/05/22 10:39 】 | 未選択| comment(0)| trackback(0)
pagetop
<<円錐角膜の病院を調べてみよう | HOME | 円錐角膜の治療方法>>
コメント
pagetop
コメント投稿














pagetop
trackback
トラックバックURL

pagetop
FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]