忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/21 11:28 】 |
pagetop
円錐角膜の発症しやすい人とは


円錐角膜は、目に異常が表れる病気の一種です。
目の角膜という部分が変異して、角膜が薄くなることを円錐角膜と呼びます。

円錐角膜の患者さんの目を横から見ると、その形が三角形に見えるところから、円錐角膜という名前になったといわれています。
目の変形によって、円錐角膜に気付く人もいるようですが、その他の発見方法もあります。

例えば、急に眩しさを訴えるようになったりした場合には、円錐角膜を疑っても良いかもしれません。
また、目が見えにくくなるという症状は、円錐角膜だけでなく、他の目の病気でもよくあることなので、余り参考にはならないでしょう。

円錐角膜は、発症しやすい人というのが特定されていません。
例えば、人種的に見て、円錐角膜を発症しやすい人種がいるという事は報告されていません。

また、男女比による、円錐角膜の発症しやすさも判っていないのです。
目の病気でも、視力低下が遺伝することはわかっているようですが、円錐角膜は遺伝による可能性も裏づけられていません。


親や兄弟が円錐角膜だからと言って、確率が高まるわけではないので、心配する必要はないでしょう。
また、目を酷使するということや、目を擦るなど、という特定の行為が円錐角膜の原因になるとも考えられていないようです。

つまりは、誰でも円錐角膜を発症する可能性はあるということです
円錐角膜の研究の中では、思春期に発症しやすい病気であることで、30歳頃までに円錐角膜の診断がされるということが分かっています。
しかし、中には幼少期に円錐角膜と診断される希なケースもあるようです。

発症原因が特定できていないという事で、予防も難しいのが特徴でもあります。
治療法においては、さまざまな円錐角膜の治療法が確立されてきているのですが、今後は予防に役立つ研究が必要になるのではないでしょうか。

発症する理由が分かると、円錐角膜を未然に防ぐ事ができるかもしれないからです。

円錐角膜について詳しい事が知りたいという人は、インターネットで調べてみると色々な事が載っています。
病気の症状や、特徴などはもちろん、円錐角膜の患者さんの写真などが掲載されているサイトもありますので参考にしてみてはいかがでしょうか。
他にも、円錐角膜の患者さんがどのような治療をしているのか、ブログを公開している人も居るようです。

自分や自分の身近な人が、円錐角膜と診断されて不安を感じた時には、ブログを読んだり、ネットで知識を深めたりすることで、不安解消に役立つかもしれません。

PR
【2008/05/22 10:48 】 | 未選択| comment(0)| trackback(0)
pagetop
<<円錐角膜の発症 | HOME | 円錐角膜の症状と変化>>
コメント
pagetop
コメント投稿














pagetop
trackback
トラックバックURL

pagetop
FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]