忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/21 11:28 】 |
pagetop
円錐角膜の症状と変化


円錐角膜は目の病気の中でも、起こりやすい病気で、それほど珍しい物ではありません。

名前の由来は、目を横から見た形が円錐形に見えることから、円錐角膜と呼ばれるようになりました。

そして、この円錐形の形が円錐角膜の特徴でもあります。
子供の目のカーブが他の子と比べて急である場合などは、円錐角膜を疑ってみる必要があるかもしれません。

小さい頃は、円錐角膜の自覚症状を訴える事ができないということもあります。比較的、発症年齢が高く10代を過ぎてから発症する病気なので、円錐角膜は自覚症状を訴える事で発見されることが多いようです。
しかし、希に小さいうちに円錐角膜になるケースもあるので、子供の目の形に注意しておく必要があるでしょう。

円錐角膜の特徴的な点としては、視界が変形したり、眩しいと感じたりすることがあげられます。
中には、物が二重に見えるというような患者さんもいるといわれています。

子供が、このような症状を訴えた場合には、円錐角膜の可能性があるので、眼科医を受診するようにしましょう。

円錐角膜は放置しておいて治る病気ではなく、進行していく病気です。

専門的な治療が必須ですので、円錐角膜を放置してはいけません。

初期の段階では、円錐角膜はメガネやコンタクトレンズを利用して、矯正します。

しかし、段々と症状が進むと、円錐角膜を矯正できなくなるので、手術が必要になります。

症状の進み方には、かなりの個人差があるのも円錐角膜の特徴の一つです。急に症状が悪化して、手術が必要になる患者さんもいれば、進行の度合いが遅い患者さんも見られます。

どちらにせよ、矯正しなければ日常生活を送るのは、難しいと想定されるので、眼科医の指導を受けるようにしましょう。

円錐角膜と診断されたという人や、円錐角膜の疑いがある人は、どのような病気なのか調べてみると良いかもしれません。

名前も聞いたことがないという人は、図解や絵で説明されている円錐角膜のホームページなどを利用すると分かりやすいと思います。

眼科医で開設しているホームページの中では、円錐角膜について詳しい説明がされているページもあるようです。

専門用語などの難しい言葉もあるかもしれませんが、円錐角膜の症状やどのような治療が必要になるのか、あらかじめ知ることができるので便利でしょう。

また、最近ではインターネットブログサイトを利用して、患者さんが日々の生活を日記にしている人もいるようです。

PR
【2008/05/22 10:45 】 | 未選択| comment(0)| trackback(0)
pagetop
円錐角膜の病院を調べてみよう


円錐角膜という病気は、一般的には余り知られていない病気かもしれません。耳にしたことがないという人も多いかもしれませんが、目の病気の中では、円錐角膜はそれほど特殊な病気ではないようです。

まだ判らない部分もあるようですが、円錐角膜の治療方法は色々と研究されているので、それほど心配しなくても平気でしょう。
円錐角膜は、例えば目が赤くなるとか、痛くなるという自覚症状はありません。

自覚症状として表れるのは、見え方がいつもと少し違って、歪んだり、物が二重に見えたりするというのが特徴です。

また、眩しさを訴えて、病院を受診したところ、円錐角膜だと診断された人もいるかもしれませんが、少しずつ進行が進む場合には、変化に気付かない人も多いでしょう。

その為、学校で行われる健康診断などで、円錐角膜の疑いがあるという指摘を受けて、病院を受診することになる人もいるようです。

円錐角膜の疑いがあるといわれた場合には、病院を受診する必要があります。健康診断などで、円錐角膜の疑いが指摘された場合には、近くの眼科医に行くように言われることが多いのではないでしょうか。

また、円錐角膜の治療で有名な眼科医や大学病院を紹介してくれる先生がいるかもしれません。

眼科と言っても、範囲は広く、コンタクトレンズ専門の科がある場合や、特定の眼科疾患を扱っている病院もあるので、円錐角膜を主として扱っている病院を受診するようにすると良いでしょう。

普通の眼科医では、視力矯正や、結膜炎の治療、ものもらいの治療などを行ってくれますが、円錐角膜の場合は、専門的な知識が必要になるケースもあります。

特に、症状が急に進行する場合や、珍しいタイプの円錐角膜の場合には、専門医を受診するようにしましょう。
円錐角膜は視力を矯正すると供に、経過を詳しく観察する必要があります。

その為、通いやすい場所にある病院であることも望ましいですが、将来的に円錐角膜の手術が必要となる事を考えると、円錐角膜専門の病院に行く事も一つの方法でしょう。

円錐角膜の名医や、有名な病院と言っても、それがどこにあるのか判らないという人もいるでしょう。
最近では、インターネットで近くの病院について調べられるシステムもあるので、それを利用して、円錐角膜の専門治療が可能な病院か調べる事ができます。

また、円錐角膜を専門に扱っているかどうか、病院の電話番号さえ知ることができれば、電話で直接聞いてみることもできるでしょう。
最近では、円錐角膜の患者さんが作っているホームページなどもあるので、それを参考にしてみる事もできます。

中には、円錐角膜の患者さんたちのコミュニケーションスペースが設けられていて、病院の評判なども読めるようになっているかもしれません。

【2008/05/22 10:42 】 | 未選択| comment(0)| trackback(0)
pagetop
診断方法


円錐角膜は、角膜異常の一種です。
目の病気は、色々ありますが、円錐角膜は発症率が高く、珍しい病気ではありません。

その為、円錐角膜の治療方法もいろいろと確立されています。
しかしながら、円錐角膜はまだ不明な点が多いのも特徴で、研究段階にある病気でもあります。

医療技術が発達したからと言って、全ての病気が判明するわけではありまえせんが、少しずつ解明されていく部分が増えていくでしょう。

円錐角膜が何故発症するのか、どのような経過を辿るのか、ということについては、研究段階にあるようです。

円錐角膜の診断は、眼科医によって行われます。
視力が落ちたので、視力矯正をしようと思って眼科を訪れたところ、円錐角膜だといわれることもあるかもしれません。

これは、円錐角膜の症状で視界がゆがんで見えるという症状を、一般人であるの私たちは、視力の低下と思ってしまうからではないでしょうか。
眼科においては、問診をおこなって、円錐角膜に特徴的な症状があるかどうか、調べます。


その後、視力検査が行われますが、これは円錐角膜に限ったことではなく、眼科医で一般的に行われているものと考えて良いでしょう。

次に、角膜の厚さを測る機械を用いて検査を行い、円錐角膜の疑いがあると発見されることが多いようです。

その段階で、円錐角膜を疑われた場合には、円錐角膜と仮定したさまざまな検査を行うことになります。

眼科医の検査においては、機械を用いて行うのが主流になってきているので、円錐角膜の診断の際にも、色々な機械の使用が予測されます。
円錐角膜と診断された場合には、角膜のカーブの値や、円錐の形の状態角膜の厚さによって、重症かどうか判断されます。

因みに、円錐角膜の角膜の形には、乳頭状楕円状球状というのがあるそうです。

円錐角膜について知りたいという場合には、インターネットを利用してみてはどうでしょうか。
ネット環境さえ整っているのであれば、どこにいても、いつでも円錐角膜について調べる事ができます。

また、医師の書いた円錐角膜に関する論文などを読む事もできるでしょう。最近では眼科医がホームページを開設していて、その中で円錐角膜について説明しているページもあるかもしれません。

他にも、病気専門の質問サイトなどもあるので、円錐角膜についての質問をしてみるという利用方法も考えられます。

インターネットは、円錐角膜の情報収集以外にも、近くの病院を探すのにも役立ちますので、是非使ってみて下さい。

【2008/05/22 10:39 】 | 未選択| comment(0)| trackback(0)
pagetop
円錐角膜の治療方法

 
円錐角膜は思春期に発症しやすい、角膜の病気です。
発症してから、暫く気付かない人もいるようで、20~30歳になって、円錐角膜と診断をされる人もいるようです。

病気の解明は、発症原因を探る事で予防が可能になりますが、円錐角膜は何故発症するのか、まだはっきりしていません

色々な説があり、円錐角膜の研究がされているといわれています。
しかし、円錐角膜は珍しい病気ではなく、治療法も確立されています。

円錐角膜の治療方法には、幾つかの方法があります。

例えば、眼鏡は円錐角膜の初期段階で使用される治療方法の一つです


しかし、少しずつ円錐角膜の進行が進んでくると、眼鏡では矯正が難しくなるため、コンタクトレンズを使用することになるのが一般的なようです。

コンタクトレンズは、直接眼球に付けるものなので、円錐角膜の診断を受けた後、眼科医の指導の下、目のカーブにあうレンズを作る必要性があります。通常のハードコンタクトレンズで、円錐角膜の矯正を行うのが普通ですが、円錐角膜専用のコンタクトレンズを使用する事も考えられます。

例えば、円錐角膜が酷くなった場合や、重症の人には、強膜レンズという物を使用する事があるようです。
眼鏡やコンタクトレンズによる矯正という方法以外にも、円錐角膜の治療法はあります。

手術を受けて、円錐角膜を治療する人もいるでしょう。
円錐角膜の手術方法は、角膜移植放射状角膜切開術角膜内リング挿入法などがあります。

どの手術方法を用いて、円錐角膜の治療を行うかという判断は、医師の判断目の状態など総合的に判断されることでしょう。
角膜移植による円錐角膜手術はドナーと呼ばれる提供者が必要になるので、ドナーが居なければ手術を行うことはできません。

最近では、ドナーカードが少しずつ普及してきているので、ドナーの数も増えて、円錐角膜の角膜手術を受ける人も、昔に比べれば増えていると想定されています。

円錐角膜は特別な病気ではありませんが、治療が必要になります。
どのようにして治療を行えば良いのか、専門家に見てもらわなくてはならないので、円錐角膜の疑いがある場合には、眼科医を受診するようにしましょう。

インターネットでは、名医の検索をすることができるようになっているといわれているので、円錐角膜の名医を探してみると良いかもしれません。
円錐角膜に特化しなくても、眼科で有名な病院が近所にあるか、ネットを使うと簡単に調べる事ができます。

【2008/05/22 10:36 】 | 未選択| comment(0)| trackback(0)
pagetop
円錐角膜と角膜移植の可能性

 

円錐角膜は、思春期の頃に発症する目の病気の一種です。

角膜の部分が薄くなってきて、目を横から見ると円錐型に見えるので、円錐角膜と呼ぶようです。

殆どの円錐角膜の場合は、円錐角膜独特の自覚症状を感じて、病院を訪れることが多いようです。

他には、定期健康診断などの簡単な目の検査を行った際に、円錐角膜の疑いがあるという事で、病院で再検査を受けるようにいわれた人もいるかもしれません。

円錐角膜の診断は、眼科医によって、さまざまな検査の後に行われます。判りやすい検査方法として、角膜の厚さを測る機械などで円錐角膜の検査を行う事ができるようになっているようです。

検査の結果、円錐角膜と診断された場合には、治療が必要になります。

疾患の度合いや、進行具合によって治療に差があるようですが、一般的には、円錐角膜の患者さんは最初はメガネを使って視力を矯正します。

しかし、メガネを使って視力を矯正していても、段々と円錐角膜の症状が進んでくると、コンタクトレンズを使用しなくてはいけないこともあります。

この円錐角膜の進行度合いは、個人差が激しい事で知られています。
メガネで円錐角膜の視力矯正をしていても、すぐにレンズを作り変えなくてはいけなくなる人もいるようです。

また、コンタクトレンズを利用していても、円錐角膜が進むと、手術が必要となります。

円錐角膜の手術では、角膜移植の手術が行われています。
角膜を提供してくれるドナーが必要になりますが、角膜を移植することで、円錐角膜の症状を治すことができるといわれています。

もちろん、移植手術なので、適合者であるかどうかの判断も必要ですし、円錐角膜の手術後に拒絶反応が起こることもあるようです。
しかし、拒絶反応や、手術後の一時的な炎症などを乗り越えてしまえば、円錐角膜の症状がなくなる可能性が非常に高いので利用されています。

円錐角膜と診断された人で、これから手術が必要になるか不安だという人もいるでしょう。

また、今すぐに円錐角膜の角膜移植が必要にならなくても、将来的にその可能性がある場合にも、情報が欲しいと思うのではないでしょうか。
そのような場合には、インターネットを利用して、円錐角膜についての情報収集を行うということができます。

円錐角膜に関する基本的な知識から、治療方法、そして症状など色々な事を知っておくことで、少し不安が取り除けるかもしれません。
最近では、円錐角膜の患者さん同士のコミュニケーションが行われているサイトなどもあるようなので、不安があるという人は、利用してみてはどうでしょう。

【2008/05/22 10:31 】 | 未選択| comment(0)| trackback(0)
pagetop
FRONT| HOME |

忍者ブログ [PR]